読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化猫耳杯 公式ブログ

社会人プレーヤーを主な対象に2017年GWに開催予定のクイズ大会「化猫耳杯」の公式ブログです。

化猫耳杯ルール(改定後)

スタッフの協議により、ルールに変更を加えました。
主な変更点は

  1. 全ラウンドに問題数の限定を設定。
  2. 予選ラウンドをローリングクイズからペーパークイズに変更。
  3. 準決勝の形式を参加者による選択で決定することに変更。

の3点です。

以下に変更後のルールを記載しましたのでご確認ください。
変更点は赤字になっています。

大会1か月前の急な変更で大変申し訳ございません。

また、詳細についてはは当日にお配りする企画書にてご確認ください。
このページに掲載されているものと、企画書に書かれている内容に違いがある場合は、企画書の内容を優先とします。



予選R【WELCOME TO BAKENEKOMIMI CUP】

  • 80問のペーパークイズ。
  • 制限時間は20分。
  • 同点の時は、①1問目からの連答数>②スタッフによる厳正な抽選で判定。
  • 全員1R進出。

変更前のルールについてはこちらからご覧いただけます。





1R【猫耳付き5○2×】(all→20)

  • 各セット12名参加、5名勝ち抜け。
  • 各セット30問限定。
  • 正解で1○、誤答で1×。
  • 5○で勝ち抜け。2R進出。
  • 2×でセット失格。
  • 連答で○の数に関係なく即勝ち抜け。
  • 勝ち抜け・失格によって生じた空席は、予選順位上位の人から埋めていく。
  • 限定問題終了時は、①○の数>②誤答数>③予選順位で判定。

<第1セット>

  • 予選1位~12位の12名で行う。
  • 予選1位には3○、予選2位~3位には2○、予選4~6位には1○のアドバンテージが与えられる。

※5人の勝ち抜け者が出た時点までに獲得した○及び×の数は次セットアドバンテージ計算対象となる。
※セット失格者は予選順位がその時点で予選順位最下位である者+1番に変更となる。

<第2セット>

  • 参加者は①か②の条件を満たす12名。

①第1セット終了時点での解答権所有者
②第1セットで勝ち抜けてなく、①でもない参加者のうち予選順位が高い者から12名になるまで補充される。

  • 第2セットでのアドバンテージは第1セット終了時の(○の数-×の数-1)。マイナスの場合は0とする。

<第3セット>

  • 第2セットの結果をもとに第2セットと同様の条件で行う。
  • 第2セットで2×失格となった場合は-1ptのディスアドバンテージを持つ。

<第4セット>

  • 第3セットの結果をもとに第3セットと同様の条件で行う。
  • 第3セットで2×失格となった場合は-2ptのディスアドバンテージを持つ。

2R【九州猫耳セレクション】(20→8)

  • 各コース5名参加、2名勝ち抜けの早押しクイズ。
  • 各コース50問限定。
  • コースは①7○3×、②7○アップダウン、③7○7×、④7○7休。
  • 限定問題数終了時は、①○の数>②誤答数>③予選順位で判定。
  • 3人失格後の順位決定法を削除。3人が失格して勝ち抜け者が決定しても、順位決定のために出題を続ける。

EX【窮鼠猫耳を噛む】(all-8→2)

≪1st step≫

  • 1Rで敗退した22名を予選順位に従い蛇腹で2組に分け、早押しクイズ。
  • 形式は3○1×。
  • 30問限定。
  • 各組から2名、計4名が勝ち抜け。
  • 限定問題数終了時は、①正答数>②ペーパー順位で判定。

≪2nd step≫

  • st stepを勝ち抜けた4名と2Rで敗退した12名とを合わせた計16名で早押しクイズ。
  • 形式は5○1×。
  • 50問限定。
  • 勝ち抜けた2名が敗者復活。
  • 限定問題数終了時は、①正答数>②ペーパー順位で判定。

SF【猫耳ガンマン】(10→5)

  • 準決勝に残った8名と敗者復活した2名による1対1のクイズ。
  • 各セット20問限定。
  • 形式は以下2つのうちどちらか。形式を選べるのは指名する人。
①【テイクアウト】

  ・正解1pt。誤答-1ptかつ1×が付く。
  ・5pt到達で決勝進出。
  ・通算5×で失格。対戦相手が決勝進出。

②【サイドアウト】

  ・正解1pt。誤答で相手に解答権移動(問題は読み切る)。
  ・5pt到達で決勝進出。 
  ・通算5×で失格。対戦相手が決勝進出。

  • 限定問題数終了時は、①pt数>②誤答数>③ペーパー順位で判定。

<組み合わせ決定方法>

最初の組み合わせ

①2回戦1位かつ②1回戦の順位が最も高い者が対戦相手と何番目に対決するかを指名。

2組目の組み合わせ

残った8名中①2回戦1位かつ②1回戦の順位が最も高い者が対戦相手と何番目に対決するかを指名。

3組目の組み合わせ

残った6名中①2回戦1位かつ②1回戦の順位が最も高い者(該当する人がいない場合は①2回戦2位かつ②1回戦の順位が最も高い者)が対戦相手と何番目に対決するかを指名。

4番目の組み合わせ

残った4名中①2回戦1位かつ②1回戦の順位が最も高い者(該当する人がいない場合は①2回戦2位かつ②1回戦の順位が最も高い者)が対戦相手と何番目に対決するかを指名。

5組目の組み合わせ

残った2名が対戦相手となり、指名されなかった順番で対決。
(但し敗者復活者に選択権はない)




F【百猫繚乱】(5→1)

  • 60問限定。
  • 最初の正解で獲得できるポイントは1pt。
  • 獲得ポイントは、(直前に自分が押した時に獲得したポイント+1)pt。
  • 誤答は0pt。かつ2回休み。
  • 50pt先取したら優勝。
  • 限定問題数終了時は、①ポイントの多さ>②誤答数>③ペーパー順位で判定。